映画館を無料利用!割引や試写会招待券を利用して映画館で映画を安く観る

アウトレイジ ビヨンド
アウトレイジ ビヨンド

アウトレイジ ビヨンドの公開がもうすぐです。
試写会のチケットが各メディアから沢山用意されています。
出演者や北野武監督の舞台挨拶が予定されている日もあるようです。

IMAX 3D
IMAX 3D
IMAX 3D Sound
IMAX 3D Sound

最近はテレビの値段が落ちて、薄型大画面のテレビが数万円程度で入手できるようになりましたね。

フルスペックハイビジョンで高画質な映像を楽しめます。

Blu-rayも普及してきて、以前よりも映画を大迫力で視聴できるようになりました。

スマートフォンやタブレットでの視聴形態も増加しているようです。

とはいってもやはり映画館でみる映画は迫力も臨場感も違いますよね。
アバターで人気を博した3DやIMAX3D(画面が大きい)は没入感も高く家庭のテレビとは感覚が全く違います。

視聴設備だけでなくシネコンのような大きなところだと施設の空間が家庭とは全然違います。
個人的にはユナイテッド・シネマのデザインが好きです。

ユナイテッド・シネマ
ユナイテッド・シネマ

しかしながら映画館の料金って高いですよね。月に何本も観れるほどのお手頃感はありません。
ロードショー映画の窓口料金は基本的に大人1800円です。幼児~中学生1000円。高校生~大学生1500円。シニア1000円。
実は日本の映画料金は世界の中でも圧倒的に高いそうです。

内閣府が発表した02年の内外価格差調査によると、映画鑑賞料は東京が1800円なのに対し、ニューヨーク1185円、香港966円、パリ814円、ベルリン785円。

こうなると少しでも安く観たいところですが、方法としては各種割引を活用することができます。
金券ショップでも数百円程度安く購入できるのですが、映画はかなり割引の種類が多く1000円から1200円程度まで割引されるのでそちらの方がお得です。

例えば夫婦50割引なんていう割引があります。

夫婦50割引
夫婦どちらかが50歳以上なら映画料金が一人1000円になる。夫婦であることの証明は不要だが、どちらかが50歳以上であることの証明(運転免許証など)が必須である。

シネコンであればたいてい会員、女性、男性に応じた日ごとの割引や、時間帯の割引なんかがありますね。

レディスデー
週1回、女性のみを対象とする曜日を設けている。割引額は1000円で、曜日は水曜日というところが大半である。多くの映画館で実施されているが、ごくまれに実施されていないところや、異なる曜日が設定されている場合もある。しかし、この割引は男性差別に繋がるとして、批判的な見方も大きい。

メンズデー
レディスデーと同様の主旨だが、全国的にみれば、実施している映画館はそれほど多くない。割引額は1000円で、曜日は月曜日が多いが、木曜日や水曜日(代わりに、レディスデーが別の曜日になる)というところもある。

モーニングファーストショー
平日午前中の1回目の上映を割引対象とするもの。

レイトショー
午後8時以降に上映開始となる映画を割引対象とするもの。実施や割引額は、映画館によってさまざまであるが、シネコンでは導入されているところが多い。

会員証割引
映画館が発行している会員証やスタンプカードを提示するだけで割引が適用されるもの。無料会員制の館だと曜日が制限されることが多いが、有料会員制であれば曜日の制限が設けられていないことが多い。

ちなみにユナイテッド・シネマですと、どこの劇場でもだいたい下記のような割引が用意されています。

レイトショー 1200円
スーパーレイトショー 1200円
レディースデー 1000円
メンズデー 1000円
会員デー 1000円
会員限定ペア割デー 2000円
シネマ感謝デー 1000円
映画サービスデー 1000円
夫婦50割引/夫婦(ペア) 2000円
高校生友情プライス 1000円

毎週何かしらの割引が効くので通常料金よりはだいぶ気軽に安く見ることができますね。

それでもまだ高いと思うならば、新作や話題作やヒット作を無料で観る方法として「映画試写会」のチケットをゲットするやり方があります。
最近は、インターネットで意外と簡単に入手できます。キャンペーン・サイトや、映画配給会社のホームページ、雑誌や新聞の特設ページなどでも、試写会開催のガイドが豊富に用意されています。

例えば冒頭で紹介したアウトレイジの試写会(舞台挨拶付き)もnifty映画で10組20名も募集しています。

nifty映画
nifty映画アウトレイジ試写会招待

漫画雑誌の「モーニング」では200組400名も募集しています。
ネットで申し込めるので手軽ですね。

こういった試写会情報をまとめて最新情報を配信してくれる試写会CLUBというサイトがあります。

試写会CLUB
試写会CLUB

アウトレイジ ビヨンドはこの掲載をざっと足してみると500組1000名以上が招待されます。
抽選といえどこれだけの人数が招待されるので期待値は大きいですね。劇場の客席数が多い映画館だからこそです。

テレビやラジオの放送中に告知とともに試写会や劇場への招待が募集されることもあります。
テレビよりもラジオの方が視聴者数が少なく倍率が低くなるそうです。

最近は新聞、雑誌、テレビ、ラジオの既存メディアもネットを活用しているので放送や紙面で告知してネットから応募できるパターンも多いですね。

ぜひ試写会、劇場招待券で無料で大迫力の映画を楽しんでください。


Article written by

peco

Peco likes good news.